ロゲインの処方を入手する時の注意点

先発薬であるロゲインは高価

先発薬であるロゲインは高価 | 医師、薬剤師の指導の下に入手 | ロゲインには女性用もある

ロゲインは「アメリカで開発、承認された「男性型脱毛症および脱毛の進行予防」の効能を持つ、塗布型の外用医薬品です。
所謂「毛生え薬」ではなくれっきとした医薬品です。
日本ではジェネリックである「リアップ」が承認されていて有名ですが、先発薬であるロゲインは高価なため、国内ではほとんど処方されません。
海外ではロゲイン、及びそのジェネリックが販売されていますが成分はミノキシジルで「リアップ」と同じです。
リアップは第一種医薬品に指定されているので日本で入手するには、医師による処方、または薬局での購入が必要です。
AGA治療薬(薄毛・育毛治療薬)の国内での通販は禁止されており、診察なしで入手することはできません。
海外から個人輸入で入手することもできますが、副作用の発生時の対応など、全て自分で行わねばならず、リスクが高いと言えます。
又、海外で生産された医薬品ではミノキシジルが含まれているかどうか個人では確認できません。
又、外国のメーカーについての正しい情報は現代においても入手が困難です。
海外のジェネリックメーカーとしてインドの会社が多いのですが、その品質についてはアメリカのFDAが輸入を差し止めたこともあり、先進国レベルの品質を確保しているかまだはっきりしません。

ロゲイン 処方 | 悪化するケースも?